主人は退院しましたが…

ご無沙汰しております。

皆さまに随分ご心配をいただいた主人は、5月20に退院しました。

潰瘍性大腸炎という厄介な病気ですが、現在はステロイド系の薬のおかげで下血もなくなっています。

ところが、主人と反比例して体調が悪くなったのは、このHPにも出ているワンコのバーデル。

ブリュッセル・グリフォンという犬種で、まだまだ日本では珍しいタイプです。

腹水でお腹がパンパンに膨れ上がり、その原因が分かったときには、すでに手遅れでした。

精密検査で分かったのは右の腎臓が極端に小さく、心臓も弱かったということ。

ほかにも、生まれつき左目が緑内障だったようです。

膨れ上がったお腹で家中元気に動き回っていたのですが、病院に連れて行くために玄関前で抱き上げた途端に急死しました。

奇しくも主人が退院する前日のことだったので、主人の身代わりになったように感じます。

過去に飼っていた5頭のチワワたち(全犬2016年までに没)や現在一緒のボーダーコリーに比べると、バーデルは一番私に寄り添ってくれる優しいワンコでした。

「もう少し早く気づいていてあげれば」と日々悔やむばかり。

同僚のスピリチュアルカウンセラーの話では、バーデルはイヌとして生まれ変わることを拒否しているために、まだ虹の橋に到達していないそうです。

ということで、今、私が叶えたいのはバーデルの生まれ変わりに巡り合うこと。

バーデルが虹の橋を渡った時点で創造主に頼み込んで、また我が家に生まれ変わりのバーデルを迎え入れたいです。

ご予約お申し込み

営業時間
10:00~24:00

日曜日&祝日定休・メールでのお申し込み・お問い合わせは年中無休24時間受付です。