主人が発熱と下血で病院へ

家族のことを書くのは、どうかとも思いましたが、この度主人が検査入院をしました。

症状は下血と38度+の発熱。

さすがに下血と発熱が3日も続くと、これは普通ではありません。

もう少し早く病院へ行きたかったのですが、何と言ってもコロナのことがありますから、アポをとることさえも非常に難しかったのです。

しかも、重い腰を上げたのは日曜日でした。

病院に到着後は外から病院に電話をかけるように言われていました。

迎えに来た看護師の方と一緒に違う入り口から入り、CTをとると、肺には異常がないとのこと。

結局コロナではないという診断で、看護師の方も少しほっとしておられました。

その看護師さんもマスクに防護服、そしてフェイス用のシールドとビニール手袋で、感染症のパニック映画を見たときと同じ格好をしておられました。

その後、家に帰ったものの、主人の調子は一向に良くなりませんでした。

翌日も、ほとんどベッドから出ることが出来ず、どんどん悪化していくばかり。

ということで、その翌日に近所の総合病院で診てもらうことになったのです。

ご予約お申し込み

営業時間
10:00~24:00

日曜日&祝日定休・メールでのお申し込み・お問い合わせは年中無休24時間受付です。