コロナのせいで在宅勤務になった方が多くなりました。

今まで通勤にあてていた時間を睡眠時間にし始めた人もいるせいか、夢占いの相談が増えています。

先日も、ある相談者がオモシロイ夢を見たので分析してほしいという依頼がありました。

その内容は、「自宅の庭に3月15日と記された鉄塔が建っていた」というもの。

「ひょっとして3月15日に悪いことが起きるのではないの?」という風に心配されていました。

この夢の解釈は二つあります。

一つ目は、3月15日に何かがポジティブに切り替わる。

二つ目は、防災注意でハイヤーセルフが警告を出している。

勿論、災害が起きないのがベストです。

ですが、一週間分の飲料水と食料、そして、停電に対応できるようにラジオや電池、そして、薬品を用意しておけば少し安心できます。