電話鑑定・メール鑑定で仕事や人間関係についての占いを受けようとお考えの際は、【Clear Future】までお問い合わせください。看護師など仕事がきついと感じる方にお勧めの占いをご提供。これまで1万人以上の方のお悩みをサポートした実績がございます。このページでは、日本での占いの起源と生活における位置づけについてご紹介いたします。

仕事や人間関係の悩みがある方で電話鑑定を受けたいとお考えなら【Clear Future】へ~過去30年の実績に基づく占い~

電話鑑定で占いを利用する人物

電話鑑定をしてくれる占い師をお探しなら【Clear Future】にご相談ください。【Clear Future】では電話での霊感タロット占い・夢診断を行っています。

過去30年で1万人以上の方から相談を受けてきた実績があり、ニーズに沿ったアドバイスができます。仕事がつらいという方や人間関係に悩んでいる方、恋愛の相談がしたいという方はお気軽にご連絡ください。

電話鑑定は20分から行っており、対面での占いは苦手…という方も利用しやすいはずです。お気軽にご利用ください。占いを上手く使って幸せになりましょう。

日本での占いの起源と生活における位置づけ

ポイントを示す手

日本での占いの起源は弥生時代前期にまでさかのぼります。鹿の肩甲骨や肋骨、亀の甲羅を焼き、ひび割れを見て種まきの時期や作物の収穫量、天候、戦争の結果などを占っていました。こういった占いは骨卜や亀卜と呼ばれていたそうです。

日本で占いが盛んになったのは、平安時代のことです。天武天皇の時代になると、五経をもとにして、五行易による占いを取り入れるようになりました。天武天皇は易占いとして、「式盤」と呼ばれるものを使っていたそうです。占いは主に貴族によって信奉されており、あらゆる行動が占いによって決められていました。

それは政治においても同様で、陰陽寮という機関も存在していました。あらゆる吉凶を占い、「やってはいけないこと・やった方がいいこと」などを決めていたそうです。当時の陰陽師と呼ばれる人は病気を治したり、都を物の怪から守ったりしたといわれており、平安時代の中期には安倍晴明が活躍しました。平安時代の末期になって貴族社会の基盤が揺らぎ始める頃には、占いは下級貴族から庶民へと広がっていったのです。

このような占いの歴史を見ると、占いは古くから人々の生活や政治に密接に関わってきたことが分かります。現代でも悩みがある時の指針として、占いを活用する方は多いです。電話鑑定やメール鑑定を受けたいとお考えでしたら、【Clear Future】へご連絡ください。自宅で無理なく占いを受けることができるのも、電話鑑定やメール鑑定のメリットです。

電話鑑定で仕事や人間関係の占いを受けるなら【Clear Future】へ

サイト名 Clear Future
事務所名 オフィス ハーベスト
代表責任者名 稲津真美
住所 〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目2−15 浜松町ダイヤビル2F
電話番号 070-3246-4510
050-3736-6489
メールアドレス info@c-131.com
ダイレクトメールはお断り致します。
WEBサイト https://c-131.com
事業内容
  • 女性専科 タロット&夢分析占いの「Clear Future」
  • 女性専科 ウツと引きこもり相談の「ハンドインハンド」
  • 女性専科 心理カウンセリングルーム「Mind Release」